迷わない!ロボットプログラミング教室の選び方1/11まで!キット代1万円引きキャンペーン中!

小学生のプログラミング学習のはじめ方

将来ロボットに仕事を取られない、使い手になるためにプログラミング学習でつちかう3つの力論理的思考力・創造力・問題解決力を身に付けさせたい親御さんに向けて作っているサイトです。

わが子に合うところはどこ?など個別のは、問い合わせや記事のコメント、またはTwitterなどからお気軽にご相談ください。

めこ母ちゃん

この記事の順番通りに進めれば、あなたのお子さんに合った学習方法が見つかりますよ^^

『プログラミング』という文字になんとなく苦手意識をもつ、すべての小学生と親に。

未知のプログラミングに触れて苦手意識が芽生えてしまうんじゃ…

プログラミングを習わせたいけど、どこが良いか分からない…

稼げるオススメ習いごとでも紹介していますが、小学校の授業にも大学試験にも導入され、子ども達にとってプログラミングは必須の時代。

いまや子ども向けのプログラミングツールや教室は数えきれないほどあります。

そうなると私たちは「結局なにを選べばいいの?」と困惑してしまいますよね。

わが家もその内のひとりで、結局分からなかったからたくさんの体験を子どもとしています。(2022年8月、Z会のみらい講座を始めることに決めました^^

わが家は子ども3人(2年生・年長・1才)。

2年生の娘と年長の息子は、小学生向けのプログラミングツールを使ったり講座で学んでいます。

当サイトの目的

英字のコードが並べられた難しいものではなく、知育玩具(ちいく)にちょっと毛が生えた(+たす)程度だと思えばいいんじゃないのかな。

プログラミング学習で得られる3つの力はもちろん、

  1. 論理的思考力
  2. 創造力
  3. 問題解決力

習いごとをさせる親御さんの想いにつながる

  • 失敗を失敗と思わない「挑戦心」を育てる
  • 将来どの職業でも使い手になるプログラミングに対して、苦手意識を持ちにくくする

この2つも同時にお子さんたちが楽しみながら身につけられるような厳選した情報を紹介。

子どもたち一人ひとりに合ったツールや教室を選べるように分かりやすくお伝えします!

めこ母ちゃん

身近なご家族や友達、SNSなどでシェアしてもらえると嬉しいです。

※当サイトの情報は、公式サイト・公式サイトへの取材、わが家の体験に基づくものです。そして口コミはアンケート調査をした消費者のリアルな声。情報源を特に大事にしています。

\ これを選べば間違いなし /

厳選!地方もOKプログラミング教室

オススメの決め方は無料ツールで学習しつつ教室・講座の無料体験を平行して合うものを厳選する方法

スクロールできます

ヒューマンアカデミー

アーテックエジソンアカデミー

Z会プログラミング講座

ワンダーボックス

Tech Kids Online Coaching
おススメする人対面で学びたい
ロボットが好き
対面で学びたい
ロボットとプログラミング両方をはじめから学びたい
費用を抑えたい
2つ目の習いごと
プログラミングだけでなく幅広く学ばせたい送迎が難しい
マンツーマン指導がいい!
学習方法対面式対面式通信式通信式オンライン式
コーチ体制主に3人につき一人主に1~3人につき一人ひとりで(自宅で)ひとりで(自宅で)マンツーマン(自宅で)
学習内容ロボットから発展でプログラミング教材メーカー発のロボットプログラミング多岐2つ、専用4つの講座ブロック、レゴ、Scratchなどアプリでサイエンス、アートもWEB、QUREOカリキュラムでのゲーム作りなど
対象年齢年少~年長~年長~年中~小学2または3年生~
教室規模在校25,000人Z会グループ総顧客数約347,900人テックキッズ在校700人
最短受講期間1か月1か月1か月2か月1か月
大会有無ありありなし
(自分で各サイトに申し込む)
なしあり
価格(税込)10,890円10,000円~1,980円~3,600円~
姉弟割1,850円
13,200円
期間入会金0円
体験する
体験の様子
無料体験実施中
体験する
体験の様子
各種キャンぺーン中
体験する
受講の様子
無料おためしアプリも
体験する
無料体験実施中
体験する
体験の様子
低学年でプログラミングが学べるオススメ講座

比較対象として教室規模をあげてますが、どこもその道の大手になるので気にすることはないです。

タップできるもくじ

なぜプログラミングが必要なのか

アーテックエジソンアカデミーの体験

2020年から小学校でもプログラミング授業がはじまりました。

良いも悪いも学校は一律の教育

学校ではさわり部分を教えてくれますが、将来有益なところまで習得したい場合、自宅で取り組んだり教室に通ったりと、授業以外で努力が必要です。

小学校:2020年度より必修化
中学校:2021年度よりプログラミング学習強化
    (2012年度より技術科でプログラミングは必修化)
高 校:2022年度より共通必履修科目として「情報Ⅰ」新設

授業だけじゃない、将来に直結する問題

更に、国公立大学の試験でも導入が決まっています。

文武科学省は学習指導要領の中で、「国語力」と並んで「情報活用力」が必要だとしています。

これは国が算数や国語と同じくらい意欲的に学んで欲しいと思っているということ。

子どもたちがITやコンピュータが普及し、さまざまなデータや情報にあふれた世の中を生き抜くためには、情報を迅速に処理し、活用する力が必要なんですね。

将来どんな仕事に就こうとも「情報活用力」は必要で、今後IT知識やプログラミングは「読み、書き、そろばん」と並ぶくらいのスキルになると考えます。

これからは仕事をするにも何をするにも、プログラミングが必須な時代に。

先ほどもお伝えした通り、わが家の3人の子ども達は2年生・年長・1才です。

私自身、多少プログラミングを使って仕事をしているので仕組み自体はわかるものの、子どもたちに簡潔に教えるとなると難しいんですよね…。

特に2年生の娘は失敗することが大嫌いで、成功が思い浮かばないコトにはまず挑戦しません。

さらにママたちに聞くと

未知のプログラミングに触れて苦手意識が芽生えてしまうんじゃ…

と心配している方もとても多いです。

プログラミング授業が始まる3年生といえば、得意不得意がはっきり出てきている頃。

しかし先生たちも初心者なので、まだどうやって授業をするか試行錯誤中です。

「いい学校に入って、大企業に就職すれば安泰」という時代はもう終わりつつあります。

私が勤めている大きな上場企業でも、近くの席の人が転職でいなくなることが増えてきました。

子ども達が仕事をするときには、それが当たり前になるんだろうなとヒシヒシと感じています。

プログラミング学習で身に付けられる力

  • 論理的思考力
  • 創造力
  • 問題解決力

これらの3つはプログラミング学習をしていくと自然と備わっていく力です。

論理的思考力は、よく「思考力を付けましょう」と言われる最近よく耳にする言葉です。目的やその目的を達成するためのプロセスを描くことで、物事を論理的に感が足り、知識や情報を整理する力が身に付いていきます。

創造力は、課題解決のためにプログラムをどうやって動かすか、自ら考えてトライ&エラーを繰り返し試行錯誤を行うことで創造力がのびていきます。

問題解決力は、トライ&エラーを繰り返し試行錯誤することで、目の前にある小さな目標を一つずつクリアしていき、問題と根気強く向き合うことで解決する力を身に付けます。

プログラミングは何かがずれたり抜けているとゲーム内のキャラクターやロボットが思ったような動きになりません。一つ一つ考えることで自然と身に付いていくんですね。

将来性を伸ばすなら親はサポートを

ヒューマンアカデミージュニアSTEAMスクールの体験

将来性を伸ばしたいなら学校に頼るのではなく、親がその子に合った想像力や個性を伸ばすサポートを行いましょう。

作り手になる方は少数かもしれませんが、スマホなり信号機なりプログラミングに触れたことは誰しもあるはず。

将来困らない程度の“使い手”になることが出来ると良いのではないでしょうか。

プログラミングが出来るということは「諦めない力・挑戦する力・想像力」がしっかりと蓄えられている証拠。

自動化が進む現在、“想像力という人間の大きな武器”を伸ばすことが出来れば、ロボットに仕事を取られることなく、社会にとって必要な人材になることは間違いありません。

8~13歳までに学ばせたい

脳科学的に人間の脳の成長は8~13歳で止まってしまうことが明らかになっています。

これは特に言語習得で強くあらわれますが、学習面でもこの年齢までに触れているものは自然と身に付きやすいです。

プログラミング学習のはじめ方

子ども達にプログラミングを学んでほしい場合、どうやって進めたらいいのか。

実は膨大な量の選択肢があるんです。

しかしその中から選ぶのは労力と時間がかかります。

めこ母ちゃん

迷わず学習が始められるよう、無料ツールから有料教室まで、順を追って選び方をお伝えします!

\ 青字クリックで“もくじ”に飛びます /

STEP

まずは豊富にある無料ツールで反応を見てみます。

小学生向けのツールはマウス操作だけで完結し、文字が読めなくても直感的にできるものが多いです。

STEP

体験することで入会金無料や割引などの特典も用意されていることがあるので、活用しない手はありません。

STEP

多くの教室で必要なものは、パソコン一台だけ。

無料に限界を感じたなら、1,980円〜の通信教育や教室で学びます。

プログラミング教室は1年から2年(その後はやりこみ要素)が多いので、習いごととしての金銭面のやりくりがしやすいですよ。

ひとつに固執しなくていい

STEP3で決めたとしても、イヤイヤ続けたら意味のない時間とお金を捨てるだけ。

楽しく続けるからこそ将来につながります。

注意したいのは、「1年以内の解約は解約金がかかる」「ブロックは買い取り(3年間使用)」などの規約にある制限

対策として、始める前には子どもに事前説明した上で“〇ヵ月間は続けよう”など約束しておきましょう。

ロボットプログラミング教室の選び方は「【迷えるあなたに】体験してわかったポイント4つ!ロボットが作れるプログラミング教室の徹底比較 」にまとめてあります。

ここにも学習の縛りに気をつけましょうと書いてあるのですが、キャンペーンで安いからと言って安易に飛びつかずその裏にある制約を理解した上で申し込んでください。

無料ツールで子どもの反応を観察する

脳科学では、年齢や学習の習熟度に関係なく、脳が集中力を持続できるのは “15分程度”と言われています。

しかしトミカにずーっと集中する子もいるのも事実。

まずは数多くある無料ツールを試してみて、どれに集中していられるか観察します。

ツールはものすごくあるので、ここでは学校で使うものや世界共通で人気のものなど、実際に使ってみましたが、やはり無料だったらScratch一つだけで良いんじゃないかな

【初心者に最適】学校でも使われる「Scratch」

スクラッチ」は完全無料です。

主にに8~16才向けで画面上でマウスを動かしてゲームを作成できます。

オンライン上でどこでも接続OK。

そして、セキュリティ面や安全面で不安なら、オフライン(スクラッチアプリ)もOKという小学生の親の心理を分かっています。

非営利団体が運営していて、世界200か国、70の言語で学べます。もちろん日本語にも対応しています。

多くの学校でも使われていて、マウス一つで操作できる「ビジュアルプログラミング」なので文字を打てない小さなお子さんから参加することができます

まずは触れてみる・子どもがのめり込めたらラッキー^^

オンラインや教室の体験をしてみる

自力で行うにはのめり込める一部の子をのぞき、独学では限界があります。(特に初速)

また年長から小学低学年だと友達がいた方がやる気が出たり、教材内容が理解ができず、ひとりでは進めるのが難しいことも…。

通学やマンツーマンであれば先生に聞くことが出来ますし、通信教育であればすべてにフリガナがふってあったり事務局のサポートがあるので、通信か通学かはお子さんの性格によって選択肢を変えた方が良いと感じています。

めこ母ちゃん

3人の子ども達は全く性格が違うので、ベストな選択は違ったかもと思うときがあります

貴重な時間を当サイトに使ってくれているあなたには、お子さんの習いごとでベストな選択肢をしてほしいので、わが家すべてをお伝えします。

教室選びで要注意なのが、教室によって方針や雰囲気・先生の性格はさまざまなこと。

やさしく教えるところもあれば、分からなかったら話しかけてねと基本自由なところもあるので、なるべくお子さんに合う教室を見つけたいところ。

めこ母ちゃん

そんな時に活用したいのは体験教室です

ほとんどの教室は無料または低価格で体験ができます。

体験教室が出来る教室は下のどちらのパターンで統一されていることが多いです。

\ パターン /

  1. パソコン一台でゲームアプリなど画面上で完結
  2. レゴのようなブロックを組み立てて、ロボットに指示を出して動かす

※通信教育は体験教室はありませんが、その代わりお試しアプリを公式サイト上やアプリで配信していることがあります

判断に迷う場合は、無料体験+低価格のZ会の「はじめてみる講座(3か月間で月1,980円)」で通信で続けられそうか試して、絞っていくのがオススメ!

当サイトで教室・講座のオススメは5つ

この5つはそれぞれの特徴が強いので、条件から搾りやすいです。

スクロールできます

ヒューマンアカデミー

アーテックエジソンアカデミー

Z会プログラミング講座

ワンダーボックス

Tech Kids Online Coaching
おススメする人対面で学びたい
ロボットが好き
対面で学びたい
ロボットとプログラミング両方をはじめから学びたい
費用を抑えたい
2つ目の習いごと
プログラミングだけでなく幅広く学ばせたい送迎が難しい
マンツーマン指導がいい!
学習方法対面式対面式通信式通信式オンライン式
コーチ体制主に3人につき一人主に1~3人につき一人ひとりで(自宅で)ひとりで(自宅で)マンツーマン(自宅で)
学習内容ロボットから発展でプログラミング教材メーカー発のロボットプログラミング多岐2つ、専用4つの講座ブロック、レゴ、Scratchなどアプリでサイエンス、アートもWEB、QUREOカリキュラムでのゲーム作りなど
対象年齢年少~年長~年長~年中~小学2または3年生~
教室規模在校25,000人Z会グループ総顧客数約347,900人テックキッズ在校700人
最短受講期間1か月1か月1か月2か月1か月
大会有無ありありなし
(自分で各サイトに申し込む)
なしあり
価格(税込)10,890円10,000円~1,980円~3,600円~
姉弟割1,850円
13,200円
\期間入会金0円/
体験する
もくじに飛ぶ
\無料体験実施中/
体験する
もくじに飛ぶ
\各種キャンぺーン中/
体験する
もくじに飛ぶ
\無料おためしアプリも/
体験する
もくじに飛ぶ
\実質25%オフ/
体験する
もくじに飛ぶ
低学年でプログラミングが学べるオススメ講座

各教室や講座をまとめてみると、4つのパターンに分けられます。

ヒューマンアカデミーもアーテックエジソンアカデミーも、都市部ではなく地方の小さな市でも通学できる場所に多くの店舗があります。10万人規模の市であれば各2校、またはそれ以上の場合が多いため無くて困る可能性は低いです。

\ ロボットプログラミング教室の通学(対面式)なら /

  1. ヒューマンアカデミー
    • ロボットプログラミング教室のパイオニア。47都道府県網羅し、生徒数も教室数も国内シェアNo.1
    • 恐竜やダンゴムシなどの子どもたちの心をつかむ高度なオリジナルロボットで学べる。
    • はじめはロボット教室、レベルアップするとプログラミングも。
    • 教室は月2回、通うにも負担は少なく済む!
      → 年長・小学2年生の体験記事はこちら
  2. アーテックエジソンアカデミー
    • 教材メーカー発のロボットプログラミング教室
    • 多くのロボットやブロック教材を開発している創業1960年と学校や園でも取り入れられている教材メーカーの大手

\ 費用を抑えたい、2つ目の習いごとなら /

  1. Z会プログラミング講座

\ 知育力を身に着けたいなら /

  1. ワンダーボックス
    • 通信教育で話題のSTEAM(プログラミング、サイエンス、アート)を幅広く学べる。
    • 月々3,600円〜で、きょうだい追加も1,850円とお財布にやさしい
    • いわゆる国語や算数などの教科を学ぶ教材ではなく、知育面の発達を促すため子どもは勉強している間隔ではなくおもちゃと同じように楽しみながら進められる

\ 本格的なプログラミングを自宅で受けたいなら /

  1. Tech Kids Online Coaching

プログラミング教室の習いごとする期間は1年から2年(その後はやりこみ要素)が多いので、習いごととしては金銭面のやりくりがしやすいのが利点です。

反面、ギュッと濃縮される数年なので合わなかったら貴重な時間をムダにしてしまいます。

子どもに合うものを選びたいなら、気になった体験教室は申し込むべし

次項からは、当サイトでおすすめする各教室・講座を少し紹介します。

めこ母ちゃん

より詳しい情報や口コミ・レビューなどは各記事へ飛べるようにしていますので気になったところを見てみてください^^

ヒューマンアカデミージュニアSTEAMスクール

\ ヒューマンアカデミーのロボット教室ってこういうところ /

  • 年少から受け入れOK
  • ロボット作りの基礎から学べる
  • プログラミング自体はミドルコースから
     →小学生低学年ですぐにプログラミングを学びたいならここは違うかも
  • レンタルはなく、キットを購入する
  • キット中古品はきょうだい間だけOK
  • キットは小さな部品が多く細かなロボット作りができる
  • 生徒は男女比なら男の子の方が圧倒的に多い
  • ミドルコースからは専用のタブレットや追加パーツ購入が必要
  • 最長10年間で学習でき、アドバンスコースではプログラミング言語をタイピングする
  • 授業内で生徒同士のロボット対決がある!(改造する応用力)
  • 一回の授業で生徒数も先生数も多くコミュニケーション能力も付く
めこ母ちゃん

年長の息子が体験が終わる前に号泣したスクール。寝る前もずっと「楽しかった」と感想が自然と出てました

息子

持って帰ってパパに見せたかったからね~へへ

ロボット教室ならヒューマンアカデミーと言われるくらい生徒数が多く(在籍25,000人)有名な教室です。

コンテンツ監修のアドバイザーは、乾電池のCMの「エボルタ」をエボルタを作ったロボットクリエイターの高橋智隆先生で受講生はもちろん、ロボット界などでも熱狂的ファンが多い方。

全国では1,600もの教室があり、体験した教室では小規模な市ですが30人を超える生徒がいる(満席)ので、周りからの刺激をしっかりと受ける環境です。

なんと、中学までの90%の数学をロボット教室で学ぶことが出来るそう。

コースは4種類+ステップアップの上級コース3年間で、最長10年間学べます。

  1. プライマリーコース(12ヵ月)
  2. ベーシックコース(24か月)
  3. ミドルコース(24か月)
  4. アドバンスコース(24か月)
  5. ロボティクスプロフェッサー(ロボプロ)(36ヵ月)

年少から小学低学年までに入ると、まずはプライマリーコースから始まります

先生の判断にて飛び級はありますが、そのまま飛び級せずに進んだ場合、プログラミングができるのは3年後からとなります。

小学1年生から始めた場合、小学校4年生からということに。

めこ母ちゃん

教室の方針として【じっくりロボット作りの基礎を学んで】からプログラミングをします

これはヒューマンアカデミーとこの後紹介するアーテックの推奨年齢でのコースを比較したもの。

ちいたす調べ22年8月時点

年長からロボット+プログラミングが出来るアーテックに比べ、ヒューマンアカデミーは早くても小学1年生からとなります。

ヒューマンアカデミーは飛び級・個人差あり、アーテックは入会した月からカリキュラム1から始まるのでそのままの期間が学習期間になります。

気になる費用はこちら。プライマリーからアドバンスコースの価格です。

\ アドバンスコースまでの費用(税込) /

  • 入会金:11,000円/入会時のみ
        →体験し指定された日までの入会で0円
  • ロボットキット代:31,350円/買い切り
     ※別途、ミドルコースの追加キット・プログラミングのタブレット代で 合計18,000円
      アドバンスコース進級時にも追加キットが必要
  • 月額授業料:10,340円/月
  • テキスト代:550円/月

初期費用で42,240円(初月月謝含む)次月から10,890円。

めこ母ちゃん

ロボット教室・ロボットプログラミング教室の対面式の中では費用は少なくて済む方です。

キットは持ち帰りOKで(家でたくさん改造してきてねスタンス)リュックで背負う形なので、子どもの負担もそれほどありません。

作った体験キットが持ち帰れないのを知って号泣している息子に持ってきてくれて、背負わせていただけました。

同価格で限定の青色も選べました。

体験の様子

体験したのは性格が全く違う二人です。

小学2年生の女の子

  • 学校の授業で年に数回パソコンを触る
  • 家ではYou Tubeをタブレットで見る
  • 飽き性
  • 弟に絶対負けたくない
  • 極度な恥ずかしがり屋で内弁慶
  • 初めてのことにチャレンジしない

年長の男の子

  • 話かけても気づかないほど、好きなことに対する集中力
  • ゲームで対戦で負けても泣きながら何度もチャレンジ
  • youtubeのゲーム実況が大好き
  • カタカナ書き取得中
  • 保育園ではブロックで遊ぶことが多い

近くの教室を調べるとわかりますが、ヒューマンアカデミーのロボット教室を導入するところは塾だったり、音楽教室のヤマハだったり、公民館だったり、PCスクールだったりとバリエーション豊か

今回はもともと塾が土曜日丸1日ロボットプログラミング教室のために時間を取っている所でした。

体験が始まるとまずはロボット作りの前にヒューマンアカデミーやカリキュラムの紹介の動画を5~10分鑑賞。

その間に出てくる、受講生たちのオリジナルロボットを見て年長の息子は大興奮

息子

つくりたいロボット決めた!アームがあって糸が垂れてて、こうやってモノを自動で搬送できるのにする!

体験は体験用のロボット「クロールロボ」作りでした。

はじめはパーツごとの違いがわからなかったのですが、写真がしっかり載っているので、合わせながら進めることができました。パーツごとに“シャフト”など部品の名称が実際現実で使われているものなので、これも身に付けられます。

また、テキストはすべてにフリガナが打ってあり、字で理解することもできます。

作る速度としては、最初は保育園でもブロックを触りイメージで作っていくことができる年長の息子が早かったのですが、結局は黙々とテキストを見て作る2年生の娘の方が先に作りあげました。

時間があったので今度は改造にチャレンジ!

水泳のクロールの動きをするロボットから、「相撲ロボ」にチェンジをし、更に相手を押して落とせるように力が出る様に改造。

改造は完全にオリジナルで「どうやったら相手を落とせる?」「腕が上がらないようにするといいよ」「押す力が大事だね」など声掛けされながら息子が作っていました。

ひとりでタイヤを2つにすることを発明し、最後には改造を加えていない小学生2年生の娘のロボに勝つことができました。

先生

いいアイデア!!

確かに動力2倍になるので押し出す力も大きくなります。

めこ母ちゃん

息子は目をキラキラさせてずっと作り変えてました

(娘はロボ完成したらもう飽きて帰りたがっていました(;´∀`))

実際の教室の流れとしては、

月に1つのロボットを作り、前半の90分ではロボット作り、後半の90分では前半で作ったロボットの発展として改造を加えていきます。

子どものアイデアでロボットをどんどん組みかえてOK。同じコースでは全員同じロボットを作るので、改造したロボット同士を戦わせることも多いそう^^

先生

習いはじめて数か月で見違えるように手先が器用になってきますよ

区外の友達ができたりコミュニティが広がると良い刺激になります。

キットは持ち帰り

キットは持ち帰ります。家で改造したり、別のロボットを作ってももちろんOK。

次の授業で新しいロボットを見せにきて「先生これどう!?」「ここもうちょっとこうしたいんだけどどうしたら良いかな」など自分なりにロボット作り体験をどんどん進めている子も多いです。

言葉を選ばずにいうと【高度なおもちゃ】。型は決まっていないのでオリジナルがドンドン生まれていくのがヒューマンアカデミーの

もっと詳しい体験記・各コースのまとめはこちら

息子号泣【体験教室レビュー】国内シェアNO1!年少からできるロボット・プログラミング教室/ヒューマンアカデミージュニアSTEAMスクール

ロボット教室の比較記事はこちら

最新版【迷えるあなたに】体験してわかったポイント4つ!ロボットが作れるプログラミング教室の徹底比較

講座おすすめ一覧に戻る

アーテックエジソンアカデミー

\ アーテックエジソンアカデミーってこういうところ /

  • 対面式のロボットプログラミング教室
  • ひと月に一つのロボットを作りプログラムまで動すサイクルで初月から飽きない
  • カリキュラムが24か月分あり、ステップを踏んで本格的なプログラミングが学べる
  • ほとんどがマウス操作のビジュアルプログラミング
  • 多くの学校で取り入れられているScratch(スクラッチ)と似ているため授業にも応用が利く
  • キットは基本的に購入し持ち帰り不可
  • 各教室により色や値段が違う
息子

ロボット作りは簡単だったよ

めこ母ちゃん

アーテックはPC教室で行われていることが多く、工学部で最新のプログラミング研究をしている学生さんが教えてくれました

ArTec(アーテック)エジソンアカデミーは、学習教材発のロボットも作れる、プログラミングもできる両方を兼ねた教室です。

創業1960年と老舗の学習教材メーカーが運営しており、オリジナル教材のアーテックロボを使用し、10種類ほどのブロックのキットで作ります。

エジソンアカデミーで使用するロボットプログラミング教材は小学校における多数の採用実績が多いのが特徴。

  • 世界25カ国・日本全国4,000カ所以上の幼稚園・保育園で採用
  • 授業実施小学校 全国150校以上 アーテックロボ導入実績3,500台以上
     ※アーテックロボは「エジソンアカデミー」のキットのこと
めこ母ちゃん

学校の授業が始まっていて、エジソンアカデミーの教材を使っているなら有力な候補ですね

ブロックはグレーとブルーで目に優しい色。縦横斜めにつけることができ、アイデア次第でさまざまな形のロボットを作ることができます。

Scratch(スクラッチ)でもあるような小学生や中学生の授業でも取り入れられている「ビジュアルプログラミング」で、マウス一つでプログラムを組みます

コースは2種類で「エジソンアカデミー」と、「自考力キッズ」。主な違いは推奨年齢で、エジソンアカデミーは小学3年生から、自考力キッズは年長からというところ。

あくまで推奨なので、エジソンアカデミーでも年長さんも出来る場合もあります。(体験時に教室がお子さんが出来そうか要確認)

\ アーテックのコースまとめ /

スクロールできます
エジソンアカデミー自考力キッズ
推奨年齢小学3年生~
※年長でもOKのところも
年長~小学2年生
学習内容ロボット・プログラミングパズル・ロボット・プログラミング
学習期間2年間2年間
料金教室による
10,000~13,000円
(キットは別途)
教室による
10,000円
(キットは別途)
体験教室はこちら体験教室はこちら

始めから本格的なビジュアルプログラミングが学べ、ひと月1つのロボットを作り上げるので達成感が得られます。

自考力キッズは、まずはモノがどう動くのか歯車やブロックを使ってゲームに挑戦し空間認識能力を付け、ロボットを作ったり、プログラミングを基礎から学びます。

どちらもプログラミングを基礎から学べるので、より高度なものに挑戦したいお子さんや、小学3年以上ならエジソンアカデミーを選択を。

プログラムの画面はマウス一つ+数字打つ程度

各教室の判断や経験によりますが、年長でもエジソンアカデミーでやっていける子は居ます。

ヒューマンアカデミーと違い、費用は一律ではないので初月費用の場合、数万単位で変わることもあるので、通える所に何か所かある場合は比較をおすすめします。

カリキュラムは、入会したらカリキュラム1から開始するので入会した月が違えば他の子と被ることはありません

他人と比べられたくない子に持ってこいです。

体験の様子

こちらも体験したのは年長・2年生のきょうだい二人です。

教室からOKをもらったので、推奨年齢3年生からの「エジソンアカデミー」で体験しました。

小学2年生の女の子

  • 学校の授業で年に数回パソコンを触る
  • 家ではYou Tubeをタブレットで見る
  • 飽き性
  • 弟に絶対負けたくない
  • 極度な恥ずかしがり屋で内弁慶
  • 初めてのことにチャレンジしない

年長の男の子

  • 話かけても気づかないほど、好きなことに対する集中力
  • ゲームで対戦で負けても泣きながら何度もチャレンジ
  • youtubeのゲーム実況が大好き
  • カタカナ書き取得中
  • 保育園ではブロックで遊ぶことが多い

体験会は30分間の設定でしたが、結局1時間もやらせていただきました。

ふたりとも学年で身長が一番高いのでその年齢には見えませんが、8歳と6歳になりたてです。

学校では先生が意図的に「プログラミング的思考」を算数や国語の説明などで取り入れてる程度で、プログラミング自体は初めて。ArTec®エジソンアカデミーでは通常2年生からの受付ですが、この教室では年長からでもOK。

この教室ではこれまで6年ほどやってきてすでに年長から入った4人の生徒が卒業しています。

めこ母ちゃん

年長さんらやれそうかどうかは体験してみないとわからないとのこと

今回は【しゃくとり虫ロボ】を作って動かすところまで体験!

説明してくれた方

細かなものはないので飲み込む心配はほとんどなく、小さなお子さんがいるご家庭でも安心して使えますよ^^

まずはロボット作りから。

年長でもじっくりつくれた

工学部でプログラミングを研究している大学生の先生と、社員の方がひとりずつ付いてくれて見守りながら教えてくれました。

自分の力で全部できたという成功体験を大事にしているため、先生たちはヒントは与えるけど、手は出しません。

2年生の娘は10分程度で完成し、年長の息子は15分程度かかりいました。

かなりしっかりブロック同士がしっかり密着するので、取るとき硬いのですが年長の息子でも手で取れました

今度は作ったロボットにプログラムを読ませます。

マウスを動かせば作れるのでパソコンを触ったことがない本当の初心者の子ども達でも大丈夫でした。

今作ったプログラミングにさらに動きを付けたいときに「ガブッと食べてね」と先生が言ってたのがわかりやすいなと^^

最後にUSBでプログラムをロボットに転送してボタンを押してきちんとプログラムが成立しているか確認。

小学2年の娘

ぜんぜん難しくない!!この角度をね、60度にすると上手にくねくね出来るんだよ〜!

わからないとすぐ諦めてしまう2年生の娘でも最後までひとりでやりきれたことに感動。

しゃくとり虫の角度を自分で調整して合わせていくことで、トライ・アンド・エラーを短い時間の中でも体験することができました!

完成までの時間を見ると、、娘は30分程度、息子は40分超えるくらいでしたね。

最後に説明してくれてた方が、「お姉ちゃんは優越感に浸りながら(反対に自分より進んでいる子が居ると良くない)だと、モチベーションが維持出来るし、弟くんはお姉ちゃんに追いつこうと必死になってより頑張れるから、やっぱり二人きりでの教室開催が最適だと思うよ」と分析されてました。

私とのお話の中で性格の説明や、継続に不安なところなどを伝えたのもありますが、しっかり見て判断し、子どもたちに寄り添って教室を運営されているんだなと^^

めこ母ちゃん

進め方は教室によって色があるのでミスマッチはなるべく避けたい!通える範囲にある場所の体験教室は行った上で選べるとベストですね

【要注意】費用は教室による

小さな市に2つの教室があり、差が激しいです。

スクロールできます
1つ目の教室2つ目の教室差額
入会金10,000円
→0円
5,500円
キット代 55,000円33,000円
合計:初期費用69,100円47,850円+21,250円
合計:月謝(ネット利用料含む)14,100円9,350円+4,750円

初期費用で2万円以上の差は大きいです。また月謝4,750円違えばもう一つ習いごとができそうな額。

このように、同じキット・同じアプリケーションを使っていても価格はバラバラなので、これは体験した際の説明で聞いてみないとわからないですね。

キットは持ち帰り不可

理由としては、なくしたり壊したりする可能性があるため。ヒューマンアカデミーと違って、受講期間は最長2年間という短さなのでこういった設定なのかもしれません。

めこ母ちゃん

卒業したらキットやアプリを持ち帰れるので家で思う存分できます

もっと詳しい体験記はこちら

【体験教室レビュー】対面型だからこそ年長でも出来たロボット作り/ArTekエジソンアカデミー

アーテックのまとめはこちら
【対面だから年長もOK】アーテックエジソンアカデミーは初回からロボットが動かせる

ロボット教室の比較記事はこちら

最新版【迷えるあなたに】体験してわかったポイント4つ!ロボットが作れるプログラミング教室の徹底比較

講座おすすめ一覧に戻る

Z会プログラミング講座

\ Z会プログラミング講座ってこういうもの /

  • 講座が豊富でプログラミング専用なら4つ国語や算数と一緒になら2つから選択できる。
  • 価格が「はじめてみる講座」の1,980円からと通学・オンライン教室の約半額~三分の2程度
  • 毎週決まった時間を確保されないので時間のやりくりが出来る
  • 通信とはいえ分からない時は質問することができる
  • 講座によってはサイトに作品をあげたり、他の子の作品を見れたりできる
  • 対象年齢は年長~

通信教育で有名なZ会。

実はZ会はプログラミング学習にも力を入れています。

 →プログラミング学習のメリット・デメリット

私が友達から「プログラミング学習なにしたらいい?」と相談を受けたら、無料ツールの次にオススメするのがZ会が多いです。

値段も他の教室の半額以上安いこともありますし、小学生の2つ目の習いごとには時間も自由に使えるのでやりくりが簡単だからです。

もちろん内容も充実でロボットを動かせるところまで学べるんですよ。

ただ、Z会の中でもシリーズが分かれていて、それぞれ学ばせたいことや子どもによって選びたいところ。

\ プログラミング専用講座のざっくりとした特徴 /

  1. はじめてみる講座(対象:年長から)
    まずはプログラミング学習ってなに?という方に
  2. みらい with ソニー・グローバルエデュケーション(対象:1年生から)
    カラフルなブロックでロボットを作り動か
  3. with LEGO® Education(対象:2年生から)
    レゴが好きな子に、対象年齢がソニーのよりも難易度は高
  4. with Scratch(対象:1年生から)
    画面上でゲームやアプリ作りをする

\ 国語・算数・英語を含む講座のざっくりとした特徴 /

  1. 小学生コース(対象:1年生から)
    紙教材+タブレット(スマホ)でプログラミングなど、添削指導あり、記述式が多く発展問題を多く含む
  2. 小学生タブレットコース(対象:1年生から)
    基本タブレット学習、添削指導なしで自動丸つけ、希望があれば小学生コースと同程度の発展問題も学べる

小学生コースにもプログラミングはあるし、専用の講座もあるけど何が違うの?

ここは深さの違いです。

小学生コース・タブレットコースの「プログラミング学習 Z-pro」は親しみやすい物語と直感的にわかる操作性で、はじめてプログラミングにふれるお子さんでも取り組みやすい教材

対してプログラミング学習専用の4つの講座「はじめてみる講座」「みらい講座」「レゴ®講座」「Scratch講座」は、プログラミング学習をより深めたい子向けの講座。

めこ母ちゃん

小学生コース・タブレットコースでプログラミングが楽しいなと思ったら開始するのもありですね

わが家の息子は年長からソニーのみらい講座を始めてるので、最初からお子さんにプログラミング学習の意欲がある場合は、専用の講座を始めてもいいと思います。
→ みらい講座の開封レビュー「Z会【みらい講座開封】年長でもできるキット管理方法はゆとりと小分けがポイント

ここからはざっくりと各講座の特徴を紹介します。

\ Z会プログラミングが学べる講座の比較表 /

スクロールできます

小学生コース

小学生タブレットコース

はじめてみる講座

みらい with ソニー・グローバルエデュケーション
with LEGO® Educationwith Scratch
オススメ自分のペースで勉強したい
親子で学習を楽しみたい
学習習慣を身につけたい
・共働きで採点に時間が取りにくいい
少しの期間・手頃な価格でやってみたい
気軽にプログラミングに触れたい
ブロックでプログラミングしたい
気軽にプログラミングした
・レゴが好き
細かなロボット作りがしたい
ゲームやアニメーションをつくりたい
特徴授業+応用授業+応用初心者課題解決に取り組む精密なロボット作りアプリ・ゲーム
対象年齢小学1・2年生小学1・2年生年長~小学3年生小学1~6年生小学2~6年小学1年生~
学習教材紙+デジタル
(プログラミング・英語)
デジタルデジタルデジタルデジタルデジタル
①国語・算数・英語英語は月1英語は月1
②プログラミング年4回年4回初心者
①②以外理科・社会教科書の枠超え
受講期間最長2年間最長2年間3か月間合計3年間ベーシック:1年間
標準:1年間
1年間

価格
(円/月)
4,114円~2,992円~1,980円4,488円~
+キット代
4,675円~
+キット代
2,980円~
キャンペーン 8/31まで
入会後アンケートでAmazon1,000円分!資料請求で厳選トライワークプレゼント
 8/31まで
入会後アンケートでAmazon1,000円分!資料請求で厳選トライワークプレゼント
8月中に開始できるのは8/11まで
8/31まで
オリジナルうちわプレゼント
8月中に開始できるのは8/11まで
8/31まで
オリジナルうちわプレゼント
8月中に開始できるのは8/11まで
8/31まで
オリジナルうちわプレゼント
8月中に開始できるのは8/11まで
8/31まで
オリジナルうちわプレゼント
資料請求
もくじまで飛ぶ
資料請求
もくじまで飛ぶ
資料請求
もくじまで飛ぶ
資料請求
もくじまで飛ぶ
資料請求
もくじまで飛ぶ
資料請求
もくじまで飛ぶ

次項から少し各講座の内容を紹介しますが、きょうだい間で共有していいの?などのより詳しい内容はこちらにまとめています。
 →【小学1・2年用/講座比較】プログラミング学習を始めるならまずZ会をオススメする理由

1.はじめてみる講座

\ はじめてみる講座おすすめの子 /

  • 学校のプログラミング授業が始まる前の年長から小学3年生頃までの子
  • プログラミング学習をしたことがない、Scratchってなに?という子
  • 月1~2時間程度で学べるため、時間があまり取れない子
  • パソコンまたはタブレット端末を持っている子
    (または購入予定の子)

\ こういう子にには必要ありません /

  • プログラミング学習を少しでもやったことのある子
  • Scratchでブロックを動かしてキャラクターを動かしたり、音を鳴らしたことがある子

プログラミング学習をしてみたい・させてみたいけど、どう始めたらいいか分からない方にオススメです。

はじめてみる講座はスクラッチをベースにしつつ、やさしい解説付き(保護者用の冊子もあり)なのでつまづくことはほとんどありません。

トータルの学習時間は月に1~2時間を想定された講座。年長の夏をすぎたら受講することが出来ます。

受講期間は3か月の短期受講なので飽きても安心です。

教材は第1回から3回まであり、毎月届けられる教材には、15~30分程度で取り組める課題が4つあります。

第1回:ゲームをつくろう

Scratchの機能を少しずつ学びながら、最終的に簡単なゲームを作ります。キャラクターを動かしたり、背景を変えるなど、Scratchの基本的な考え方を学びます。

第2回:楽器をつくろう

Scratchの様々な音が出せる機能を使って、自分だけのオリジナル楽器・音楽をつくります。押す鍵盤で音を変えたり、音を記録・再生し、さまざまな音を出してみます。

第3回:センサーで遊ぼう

パソコンやタブレットのカメラ機能を使うなど、少し高度なプログラミングに取り組みます。カメラで撮った動きに反応させたり、マウスを使ったキャラクター操作をし、センサーを使ったプログラミングを体験します。

3か月で課題が終わらなくても、約1年間アクセスできるのでマイペースで進めることが出来ます。

費用は1,980円×3か月間のみで、一括払いも毎月払いも同じ値段です。

月額受講料毎月払い:1,980円
3カ月一括払い:5,940円
キット不要

Z会の講座一覧に戻る

2.みらい with ソニー・グローバルエデュケーション(みらい講座)

めこ母ちゃん

わが家がやっているのはこの講座です

\ みらい講座がおすすめな子 /

  • ブロック・レゴが好きな子
  • モノづくりや機械に興味がある子
  • ロボットを作ってみたい子
  • やさしい・綺麗なカラフルな色が好きな子
  • 小学生1~4年生

わが家もやっています

20年7月に開始された新しい講座で、ソニーのKOOV(クーブ)を使ったオリジナルカリキュラム。

カラフルなブロックでロボットとわかりやすいビジュアルプログラミングで初心者でもひとりで進められます。

プログラミングの考え方や基本的なスキルをしっかり身につけながら、小学校で学ぶ教科学習を線でつないで知識と興味を広げられ、課題解決に結びつける力を身につけていきます。

そのため、学校の教科の理解アップにもつなげたい親御さんにもうってつけ。

自分のアイデアが役に立つ楽しさや喜びを積み重ねることで、自ら未来を切り拓いていく力を育てます。

【1か月の流れ】4時間程度

STEP
テキストに取り組む(30分)

毎月届く教材『みらいワーク』で、さまざまな切り口からテーマについて考えます。

テーマ例:いつもおうちの手伝いをしているよ。一緒に楽しく食事の片づけを手伝ってくれるロボットがあったらいいな!

STEP
プログラムでロボットを動かす(180分)
年長でもできます

アプリを使って「KOOV® (クーブ)」でロボットを組み立て、プログラミングを学びます。

STEP
課題を解決して作品を共有する(30分)

つくった作品は全国の会員と共有できます。

テキストとアプリを組み合わせてある「みらい講座」。

紙でわかりにくい組み立ては、アプリで3Dでぐるっと回転しながら見ることができるので、低学年でもひとりで作れます。

息子

年長の僕でもできてるよ

プログラムを組むときは、動かしたり設定するところが毎回動画で説明されるので迷わず出来ます

カリキュラムは最長3年間

カリキュラムは最長3年間学べ、各レベルは12ヵ月で一つになっています。

カリキュラムが「スタンダード1・2・3」と進むにつれて、プログラミングスキルがレベルアップし、扱うテーマも身近なものから、抽象的・社会的なものに発展するように設計されています。

スタンダード1の一回目の信号機

ロボット+プログラミングの両方を学べ、低価格で始められます。

例えば開始するスタンダード1の場合初期費用は30,250円と、スクール型のロボット教室に比べて2万円近く安い計算に…!

スタンダード1

月額受講料毎月払い:5,280円
12カ月一括払い:53,856円 ※オトク
(1カ月あたり:4,488円)
KOOVアドバンスキット
(スタンダード3まで使用)

・メーカー希望小売価格:54,868円(税込)

・Z会特別価格:24,970円

実はKOOV®のキットだけを購入することも出来ます。見ると分かるのですが、アドバンスキットは定価5万円以上なので、z会の「みらい講座」はキットだけでもかなりお得に始められるのがわかります。

めこ母ちゃん

22年8月から始めた「みらい講座」ポイントはやはり【学習する時間を決める】ことだと思います^^

Z会の講座一覧に戻る

3.with LEGO® Education(レゴ®講座)

\ with LEGO®講座がおすすめな子 /

  • ブロック・レゴが好きな子
  • モノづくりや機械に興味がある子
  • ロボットを作ってみたい子
  • ビビットなカラフルが好きな子

レゴブロックが好きな子にはたまらない、レゴでロボットを作ってプログラムで動かす夢のような学習方法です。

Z会オリジナルテキストでの学びと、レゴ®ブロックの特長を活かした精緻なロボットの組み立て・プログラミング。物が動く仕組みを学んで、多方面から考えることが必要なモノづくりに役立つ力や発想力を養えるのが大きな特長です。

難易度別で2つのコース「ベーシック編」「標準編」から選べます。

SPIKE™ベーシック編
レゴをしたことがない、プログラミング初心者向け

プログラミング初心者にもわかりやすいビジュアルプログラミングとキットを使い、テクノロジーを起点に楽しくプログラミングを学習します。

  • 推奨学年:小学2〜5年生
  • 全12回(1年間)
  • 使用キット:SPIKE™ベーシック

標準編
レゴに触れている、プログラミング中級者以上

より多彩な表現が可能なキットを使って成功体験を積みながら、自分の力で問題解決ができるという自信を育てます。

  • 推奨学年:小学3~6年生
  • 全12回(1年間)
  • 使用キット:SPIKE™プライム

「SPIKE™ベーシック編」では、楽しく学ぶをモットーに初心者でもあつかえるキット「SPIKE™ベーシック」を使います。入出力ポートが2つだけで、比較的シンプルなプログラム。

「標準編」では、ベーシック編により表現を豊かにできるキット「SPIKE™プライム」を使います。入出力ポートが6つあり、複数のモーターやセンサーを同時に用いることができるので、多少の難しさが伴います。

その分、オリジナリティーを出せたり、より広がりのある「論理的考察力」や「表現力」を身につけることができます。難易度がベーシック編より上がるので、推奨学年は小学3年生からの設定です。

SPIKE™ベーシック編

月額受講料毎月払い:5,500円
12か月一括払い:56,100円
(1カ月あたり:4,675円)(税込)
キット(初回のみ)レゴ® エデュケーション
SPIKE™ベーシックセット35,200円(税込)

SPIKE™標準編

月額受講料毎月払い:6,160円
12か月一括払い:62,832円
(1カ月あたり:5,236)(税込)
キット(初回のみ)レゴ® エデュケーション
SPIKE™プライムセット44,000円(税込)

実はレゴのキットもネットで購入することができます。

6万円超えという値段なので、気軽に手が出るものではないかも知れません。レゴの講座であればお得に始めることができます。

キットだけで自力でやるよーって方には選択肢のひとつとしてアリです^^

Z会の講座一覧に戻る

4.with Scratch(スクラッチ講座)

\ with Scratchがおすすめな子 /

  • ゲームやアプリが好きな子
  • モノづくりに興味がある子
  • ゲーム実況が好きな子
  • 学校の授業以上にScratchでゲームを作り込みたい子

世界で愛されているプログラミングツール「Scratch(スクラッチ)」を使って、より細かなプログラムを作成していくwith Scratch講座。

Scratchとは、マサチューセッツ工科大学メディアコラボが開発した、多くの小学校で導入されているマウス操作だけで出来るビジュアルプログラミングツールです。

難しいプログラミング言語は使わないので、直感的に作成できるのが魅力です。

Scratch自体は世界で解放されている無料ツールなのでどなたでも出来ます。

しかし、漢字があったり作りながら試行錯誤していくツールなので、小学校1年生・2年生のはじめころだと、導入部分でつまづく子も。

そんなときにこの講座。

テキストを見ながら作業していくことで簡単なゲームやアニメーションから、より細かな設定のものまで作れます。

月額受講料毎月払い:3,506円
12カ月一括払い: 35,759円 ※オトク
1カ月あたり:2,980円
キットなし
めこ母ちゃん

「はじめてみる講座」に+1,000円で本格的に学べます。ゲーム・アプリを作りたいならはじめてみる講座からのステップアップにもオススメです。(もちろんこの講座から始めても)

Z会の講座一覧に戻る

5.小学生コース・6.タブレットコース

 小学生コース小学生タブレットコース
教科の違い国語・算数・英語・プログラミング+理科/社会の「経験学習」国語・算数・英語・プログラミング+「みらいたんけん学習」
難しさの違い記述式が多く中学受験にもまとめテスト後の教材で小学生コースと同等の発展を選べる
価格の違い1年生:4,114円/月~
2年生:4,301円/月~
1年生:2,992円/月~
2年生:3,553円/月~

講座おすすめ一覧に戻る

Z会の講座一覧に戻る

出来るだけたくさん体験をする

ここまでで、内容やキットを含んだ費用を比較してきましたが、一番大事なのは「実際に体験教室に何カ所か行ってみること」。

なるべく細かくレビューをしてお伝えするように心がけていますが、なんせ教室ごとに特色が違うもの。

似ている教室はあれどまったく同じ教室はありません。

通信教育は同じなので良いのですが、教室を選ぼうとしているなら通える範囲にあるものはコンプリするくらいの勢いで体験しまくってください

めこ母ちゃん

目安としては3か所以上行くと、おのずと子どもの様子で合う合わないが分かるようになります^^

当サイトで紹介している教室一覧

Z会
アーテックエジソンアカデミー
テックキッズオンラインコーチング
ヒューマンアカデミー
ワンダーボックス
ポピー
タップできるもくじ
error: